精工堂スタッフブログ / 山形県河北町のメガネ・宝飾・時計販売店 精工堂

精工堂スタッフブログ

ポジティブシンキング

 

 

 

今回が2020年7月最初のブログ更新となります。

 

 

いや~、何だか情けないですねぇ。。。

 

 

私がスロースターターだということを知っている方も

多いかと思いますが、まさかここまでとは・・・(^_^;)

 

 

ここはひとつ、尻上がりに調子を上げていくタイプであると

勝手にポジティブに捉えながら頑張ってまいりたいと思います♪

 

 

というわけで、今更ながらではありますが

今月も何卒宜しくお願い申し上げます<m(__)m>

ページトップへ

ありがとう

 

 

 

新型コロナウイルス感染症が全世界で猛威を振るっている

2020年の上半期も、早いもので本日が最終日ですね。

 

私にとって、そして私の家族にとってこの6月は特に

怒濤の1ヶ月だったように痛感しますが、今この場で

簡単に振り返ることは正直出来ません。。。

 

私にとっての祖父母はもとより、ご先祖様の代から

たくさんの皆さまに支えられて現在に至ること、

改めまして衷心より感謝申し上げます<m(__)m>

 

 

「商売人は守りの姿勢に入ってはダメだよ。」

 

こんな言葉を聞くことがあります。

 

たまにはゆっくりと日常を歩んでみたい・・・

 

今まさにこのように感じている所でありますが、、、

 

お客様にご来店を頂くと、その瞬間に疲れを忘れて

条件反射的に接客のスイッチが入ってしまう。

 

良くも悪くも商売人としての性ですね(笑)

 

 

これが私の日常なのだと感じますし、生活を成り立たせて

頂いているということにとにかく感謝でございます!

 

 

至らぬ点が多々あろうかと思いますが、今後とも

ご指導ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い申し上げます<m(__)m>

 

 

明日水曜日は定休日となります。

 

明後日木曜日のたくさんの皆さまのご来店を

心よりお待ち申し上げます☆

ページトップへ

何を言うかというよりも、誰が言うかが大事。

 

 

 

お客様からの受け売りです。

 

【うるさい人を静かにするにはどうしたらいいですか?】

 

子どもからの質問に対し、あのイチロー選手が

YouTubeでこのようなことを言っていたそうです。

 

「何を言うかというよりも、誰が言うかが大事。」

 

いや~、これを聞いた時、流石イチロー選手、

めちゃくちゃ深いナァと何度も頷いてしまいました!

 

 

自分も含めて新入社員だった頃、お客様に対して

一生懸命説明しても全く理解を頂けないのに、

上司が同じことを言うとすぐに理解されてしまう、

こんな経験もしかしたら誰もがあるかもしれません。

 

色んな商品知識を身につけて自分なりに頑張っていた

つもりだけど、付け焼刃ではなかなかお客様の心に響かない。

 

まさにイチロー選手の一言に凝縮されているのだと感じます!

 

 

『精工堂の息子が言うんだから間違いない。』

 

このような信頼を勝ち得るには、やはり日頃の行いが

何よりも大切だと思います<m(__)m>

 

まだまだもまだまだですが、このような存在に

なれるよう日々研鑽を重ねてまいりたいと感じた

深~いお話を誠に有り難うございました!

ページトップへ

煌めきのS.Pro-logue

 

S.Pro-logue エス・プロローグ

 

 

美しいものは、見るだけでも心が癒されてしまいます。

 

見るだけにとどまらず、それを実際にお掛けになると・・・

 

きっと、心が幸せでいっぱいに満たされることでしょう☆

 

 

 

エス・プロカットと呼ばれる独特なカットにより、

縁なしフレームでありながら美しくエレガントな

雰囲気を漂わせられるのが最大の特徴です。

 

 

 

七宝や螺鈿といった日本の伝統工芸に最高級の

スワロフスキーで輝きを加え、裏面にまで文様を細工した

気品溢れるテンプルにより、工芸品のような仕上がりを実現。

 

 

本日お客様にお渡しをし、終始笑顔でお喜び頂きました^^

 

そして当店の目標でもあります、お帰りの時も笑顔でしたので、

こちらまで嬉しく幸せにさせて頂いたのでした<m(__)m>

 

 

山形県内では当店のみのお取扱いとなるブランドです。

 

 

日本の女性が魅力的に美しく居続けるための

お手伝いをさせて頂けるのは、一人の眼鏡屋として

名誉なことであると感じます。

ページトップへ

僕らの時計は 止まらないで 動くんだ

 

『誰の存在だって 世界では取るに足らないけど

誰かの世界は それがあって 造られる

 

君の存在だって 何度も確かめはするけど

本当の存在は 居なくなっても ここに居る』

 

 

私の中で思う所がありまして、しばらくは

前回の投稿である6月16日のままにしておきたい

・・・という気持ちも実はあったのですが。

 

いつまでも立ち止まっていてはいけませんし、

少しずつでも前に進まなければいけませんね!

 

徐々に“普通”“日常”というものを取り戻して

まいりたいと思いますので、皆さまどうか

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます<m(__)m>

ページトップへ

前のページへ戻る

ページトップへ